【Googleアドセンス合格までの道】”複製されたコンテンツ”を探してみたよ

アフィリエイト

ブログ開設から1ヶ月経った頃から申請していたGoogleアドセンス!

この度、21回目の申請でやっと審査通過することができました~

【Googleアドセンス合格までの道】では、

私たちが実際に試行錯誤した内容を詳しく紹介していきます!

スポンサーリンク

Google AdSense (グーグルアドセンス)とは

ブログ内に自動生成の広告を設置し、クリックされると報酬が発生する仕組みのクリック報酬型アフィリエイトです。

申請や利用にお金がかかるわけではなく無料でブログを収益化することができるので、ブログを開設したら申請する方が多くいらっしゃいます。

しかし、数日で審査通過できた!という方やまた不承認だった・・という方など、Googleアドセンスが提示している条件を満たす必要があり、簡単に申請が承認されるわけではないので結構振り回されますw

当ブログも申請から承認されるまで2ヶ月半かかりました・・!

これまで20回落ちた当ブログが審査に通過するまでの2ヶ月半の経緯はこちらにまとめてるので、よかったら読んでみてくださいね⬇️

では前置きはこのくらいにして、早速具体的な対策方法を紹介していきます!

\ この記事はこんな状況の方にオススメ /
  • 以前、初期ドメインでWordPressを運営していた
  • 不承認理由が「価値の低い広告枠(コンテンツが複製されているサイト)」

コンテンツが複製されているサイト

Googleアドセンスの不承認理由には何パターンか種類がありますが、今回は「価値の低い広告枠(コンテンツが複製されているサイト)」という理由でした。

詳しく見ていくと「コンテンツをコピーまたはリライトしたページやアプリが含まれます」と書いてあります。

もちろんコピーやリライトに心当たりがある場合はその記事が不承認の原因になっていると思いますが、心当たりもなく考えていると・・

とりとん
とりとん

そういえば初期ドメインのWordPressがWeb上に残ってる・・!

今の独自ドメインを使う前、初期ドメインにWordPressをインストールして記事を書いていたので、初期ドメインと独自ドメインの両方で全く同じ記事がWeb上に公開されていました。

これは確かに複製されていると言われてもおかしくはないですね・・w

WordPressの削除方法

※今回は当ブログが使っているレンタルサーバー「Xserver」を例に紹介していきます。

初期ドメインのWordPressで記事単体を非公開や削除してもいいのですが、初期ドメインのWordPressを使う予定がなかったので、今回はWordPress自体を削除しました。

WordPressの削除

1.コンパネを開く
Xserverのコントロールパネルから「WordPress簡単インストール」を開きます。

2.

3.

4.

MySQLの削除

1.コンパネを開く
Xserverのコントロールパネルから「MySQL」を開きます。

2.

3.

まとめ

今回は、初期ドメインのWordPressを削除する方法を紹介しました。

Googleアドセンスの不承認理由にはいくつか種類があり、それぞれに曖昧な条件が明示されているので、何がトリガーになるかわかりませんよね・・

⬇️こちらの記事は20回落ちた間に試行錯誤したことをまとめていて、それぞれ詳細記事に飛べるようになっているので、よかったら参考にしてみてくださいね!

とりとん
とりとん

最後まで読んでいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました