【楽天モバイル】ぶっちゃけ無料でできる通話ってどうなの?Rakuten Linkを2ヶ月使ってみた感想

日常

12月中旬に夫婦揃って楽天モバイルに乗り換えました。

”先着300万人プラン料金1年間無料”というキャンペーン中で、とりあえず1年間は毎月の携帯代が0円になったので、とりあえず乗り換えてよかったなと思っています。

(プラン料金1年間無料キャンペーンは、2021年1月の時点で220万人突破していて、キャンペーン適用枠は残り80万人らしいです。)



楽天モバイルは「Rakuten Linkを使えば通話無料」「楽天回線エリアならデータ通信料使い放題」など、プラン料金以外も特にお金がかからないので、月々の料金は”正真正銘0円”なのですが、

ぶっちゃけ無料でできる通話ってどうなのか、ほぼ毎日電話する私たちが実際に2ヶ月使ってみた感想を書いていこうと思います!



楽天モバイルへの乗り換えにめちゃくちゃ時間がかかった話はこちら⬇️

スポンサーリンク

Rakuten Linkでできること

ざっくりいうと、Rakuten Linkのアプリを使えば・・

  • 固定電話や他社の携帯電話への通話も含め無料
  • SMS(ショートメール)も無料で送受信できる
  • 留守番電話の録音も再生も無料で利用可能
  • 楽天回線エリア外でもWiFi経由でも通話可能

10分以内無料などの縛りがなく、無制限で通話できるので通話時間を気にする必要がないのが嬉しいポイントです!

10分以内無料のプランのとき、超過1分とかで地味にお金かかってたんよね~

LINEなどの無料通話アプリと違って、データ通信料を使わない独自回線での通話なので、

今月あと1GBで低速くらう・・

と、データ通信料を気にする必要もありません!

ちなみに、相手がRakuten Linkのアプリを持っている必要はなく、発信側の楽天モバイルユーザーが無料でインストールしておけば使うことができます。

通話の使用感

実際に2ヶ月ほぼ毎日Rakuten Linkで電話して感じた、いいところといまいちなところをまとめてみました。

いいところ
  • 音質は他社と比較しても特に気にならず、普通に会話できる。
  • 何分以内無料という縛りがないので時間を気にしなくてOK。
  • お店に電話するときなどの固定電話にも発信できるので、通話料金は一切かからない。
イマイチなところ
  • 「エレベーターに入って回線が弱くなる」や「Wi-Fiに繋がって回線が切り替わる」などのタイミングで何も音がせずに切れるので通話が切れてることに気付けない。
  • Rakuten Linkからの発信を忘れたら30秒20円の通話料金がかかる。
  • 回線悪すぎるところで話すと、たまに時差えぐいときがある。

楽天回線エリア、パートナー回線エリア、Wi-Fi環境と様々な回線があるからか、回線が切り替わると、通話が安定しなくなります。

再度発信すれば普通に会話できるようになるのでいいんですが、切れたときに音が鳴らないので気付かずにひとりで喋ってたわ状態になることも・・w

まあ、普通に会話はできるので、通話アプリとしてはまあまあかなと。

データ通信料

「Rakuten UN-LIMIT V」プランでは、楽天回線エリアではデータ通信使い放題で、パートナー回線エリアでは月間5GBまで高速データ通信が使えます。

しかし、Rakuten Linkでの通話にはデータ通信料はかからないので低速になることもありません!

以下、楽天モバイル公式HPの情報です⬇️



とりとん
とりとん

通話で消費するデータ量を教えてください!

Rakuten Linkはデータを消費せずご利用いただけます。

楽天モバイル公式HPより


とりとん
とりとん

利用可能データ量がなくなった場合、メッセージ受信や通話はできますか?

ご利用いただけます。Rakuten Linkはデータ容量を全て消費しても速度制限の対象にならず、通常の速度でメッセージの受送信や通話をご利用いただけます。

楽天モバイル公式HPより

まとめ

最初はエレベーター乗る度に切れるし、どのタイミングで回線切り替わってるのかよくわからんしで、回線終わってるやん・・って思ってましたが、だんだん切れるタイミングも把握してきて慣れてきましたw

まあ無料なので、十分だと思います。

4月からは1GBまでだったら0円というプランも発表されたし、継続するか迷いどころですね~。

通話専用にe-simでサブとして契約する人も増えるかも?

タイトルとURLをコピーしました